インプラントの一般的な治療の流れ

インプラントの一般的な治療の流れは、インプラントを骨の中に埋め込み、インプラントと骨が十分に接着するのを待ってから、その上部に歯を作成します。
インプラントと骨が接着する過程を骨結合と呼び、通常は、2-6か月を要します。
インプラントを埋め込む前に骨を増やす手術などが必要な場合には、1年以上待つこともあります。
外科手術が必要で、事故や合併症のリスクがあることが報道でも取り上げられ、インプラント治療の安全性の確保に対する意識が高まっています。
インプラント治療の成功の重要な条件は、インプラントと骨が十分に接着し、インプラントがあごの骨の中で動揺することなく安定することです。

歯並びをキレイにしたい方から、歯周病から歯が抜け落ち、入れ歯やブリッジをしなければならなくなった方まで、インプラントは魅力的な歯科治療法です。
入れ歯と違い、まるで自分の歯で食べているように食事ができるのがインプラントの特長です。

Just another WordPress site